『“上質なものを末長く” Mademoiselle NONNONのカシミヤ』

 

 

来年も再来年も着たいと思える素材にふさわしいカシミヤ。
一生モノのカシミヤ製品に、Mademoiselle NONNONで出会ってみませんか。

 

___________________________________

 


その年限りで終わらない洋服を提供したい。そんな思いからMademoiselle NONNONでは秋冬のニットだけにとどまらず、カットソーや布帛でもカシミヤにこだわって商品を作り続けてきました。さらに末長くご着用いただきたいという思いから、その年に提供できうる上質なカシミヤにこだわり、選んできました。
表面の光沢感、細くしなやかな糸による柔らかな肌触り、そしてそれらが与える高級感は繊維の宝石と呼ばれるカシミヤの魅力です。
そんなカシミヤ製品を、こだわりの逸品第2弾の商品に選びました。今回ご紹介するのは<カシミヤグラデーション ファー加工 >のラインナップです。
上から下へ色が薄くなっていくグラデーションが美しい色合いと、ファーのような起毛感が特徴の逸品です。

 

___________________________________

 

 

N1.jpg

<グラデーション加工の製品染(注1)>
グラデーションの発色にこだわり、カシミヤの中でもより希少なホワイトカシミヤを使用しています。カシミヤの原色にはホワイト・グレー・ブラウンカシミヤの3種類あり、色が一番綺麗に染まるホワイトカシミヤが一番希少とされています。その為、漂白したモノも出回ってしまっていますが、漂白したカシミヤは傷みがひどく、本来の光沢感や温かさはありません。Mademoiselle NONNONでは本物のホワイトカシミヤを使用しているからこそ、この美しい色合いのグラデーションが出せるのです。

 

___________________________________

 

 

NONNON02.jpg

<ファー加工>
カシミヤならではの美しい光沢感がさらに出るようにこだわりました。通常よりも毛足を長く出すことでふくらみのある起毛感が生まれ(注2)、温かみと優しさが増し、またファーのような豪華さを出しました。

 

___________________________________

 

 

NONNON03.jpg

~何故カシミヤは繊維の宝石と呼ばれるのか~


着る人を魅了するカシミヤ6つの特徴
1. 軽さ  上質なカシミヤは非常に細くしなやかで、その繊維で一本一本比較すると、他の繊維より細い
2. 保温と保湿性   空気を多く内包ができ、暖かな空気を繊維の間へとため込める為、保温性に優れている
そしてカシミヤの表面には滑らかで規則正しい表皮(キューティクル)があり、そのキューティクルが空気中の水分を吸収・放出を行うことで、一定の湿度を保つことができる
3. 肌触りの良さ  カシミヤの滑らかなキューティクルと繊維に含まれている天然の油脂が、皮膚刺激の少ない優しい肌触りを生みだしている
4. 希少性  カシミヤのセーター一着作るのに、4頭分の毛の量が必要(ウールは1頭で約10着のセーターを作成することができる)
5. 光沢感  カシミヤのキューティクルはウールと比べて繊維表面の突起が少なく、フラットなので光をまっすぐ反射させる為、美しい光沢感がある
6. 伸縮性  カシミヤは他の獣毛素材と比べて非常に伸縮性に富み、その伸縮性がしなやかさと滑らかさを与えると共に、糸そのものに強い復元力を持たせている=型崩れしにくい素材といえる

 

 

N6.jpg

寒くなるこれからの季節にとても柔らかな肌触りのカシミヤVネックセーターに、厳選された最高級カシミヤを用いることで知られるイタリアのピアチェンツァのストールをふんわりと巻きました。
膨らみのある起毛感が美しいダークブラウン系のグラデーションセーターに鮮やかなオレンジを合わせることで、着心地だけでなく見た目にも暖かな印象にコーディネートしています。

 

カシミヤVネックセーター ¥58,300₋(税込)

 

ご購入はこちらから

 

 

 

N5.jpg

カシミヤグラデーションのロングベストとロングカーディガンの、贅沢な重ね着。インナーにシャーリングブラウスを合わせ、ボトムスは爽やかにインディゴブルーデニムを合わせました。
ロングベストの表情とカーディガンを羽織った印象の違いを楽しんでいただけます。

 

カシミヤロングカーディガン ¥69,300₋(税込)

 

ご購入はこちらから

 

 

 

Mademoiselle NONNONでは、洋服を末長く着用していくことこそが、サスティナブルな考えに通ずるものと考えています。

Mademoiselle NONNONの別格なカシミヤをぜひ一度手に取ってみて下さい。

 

 

注1:製品染めを施しているため、サイズに多少のばらつきが出ております。
注2:お手入れ方法
今回の製品はファー加工の為、通常のカシミヤより糸の毛足が長く、ピリングが起きやすくなっております。毎日の着用は避け、着用後には天然のブラシで毛の流れに沿ってのブラッシングをお願い致します。
また天然の油脂は洗うことで徐々に落ちてしまいます。お洗濯の際は、カシミヤを得意としているクリーニング屋でのお洗濯をおススメします。
上質な洋服は、丁寧にお手入れをして頂くことで、一緒に年を重ねていくことができます。